投資初心者の方の入門として、株式投資の魅力とリスク、証券口座の開設の方法等から特徴までといった内容から、投資に幅を広めるためにも様々な投資ジャンルのナビ係としてのコンテンツ拡充を目指していきたいと思います。ぜひ投資を始めるにあたっての入門係として役立てればと思います。




投資入門ナビ 投資信託入門

投資入門ナビ

株式投資入門編
株式投資を始めるまえに
株式投資のメリット
株式投資のリスク
証券口座を作る前に
証券口座を作る
証券口座比較
株式投資までの待機資金の活用
株式投資:テクニカル分析編
株式投資:ファンダメンタル分析編
株式投資に関わる税金



ETF投資入門編
ETF投資とは
ETF投資のリスク
ETFの投資対象


FX投資入門編
FX投資とは
FX投資のリスク
FX投資と外貨預金
FX投資口座比較

投資関連コラム編
ウォーレンバフェットに学ぶ
株価に対してよくある誤解
インデックス投資について
長期投資か短期投資か


「個別株投資はちょっと…」という方で、投資信託で運用するのはどうかと考えてる人もおられるかと思います。
とはいうものの、「投資信託に騙されるな!」「ボッタくり」等々、投資信託の中でもヒドイものがあったりするわけで、ただの手数料稼ぎのファンド(投資信託)も存在しており、投資信託選びだけでもしっかりと吟味しなければなりません。

ではまず、投資信託とは何なのか。
投資信託というのは、複数の投資家が投資資金を出し合って組成するファンドであり、それによって個人ではとても買うことのできなかった大きな金額の株式や、他銘柄に及ぶ分散投資が可能になります。
もちろん、それなりに大きな金額になりますので、しかっりと運用者が運用していれば複利運用(または分配)もできます。

ここで、投資信託に関わる4つの主体を把握しておきましょう。

:投資家・・・投資信託の買付を行う側です。
:販売会社・・・投資信託の売買の受付を行う人です。例えば銀行等の窓口になります。
:運用会社・・・投資信託の具体的な売買等の指示を管理会社に行う側になります。
:管理会社・・・投資信託の資金を管理し、運用会社からの売買を行う側になります。

投資信託のメリットについては、上記のように分散投資・少額からの積み立て、プロによる運用が可能となること等ですが、もちろん投資を委託するわけですがら、デメリットも存在してきます。


投資信託のデメリットですが、まず、一般的な投資信託は色々な会社が関わりますので、その分、手数料が発生します。
販売会社には販売手数料を払う必要がありますし(手数料なしのノーロードもあります)、運用会社には運用の委託として信託報酬がかかってきます。信託報酬については実質的には意識し辛く、投資信託のリターンに対して数%の手数料が加算される等のように、実質的には支払っているという感覚が出にくくなります。そしてこの信託報酬は、運用成績に関わらず支払われてしまいます。
そして投資信託の中身ですが、目論見書や報告書に一応明記されますが、サブプライムを証券化したようなものの様に、不透明な面があります。
あとは、インデックスファンドのように、指数に良い意味でも悪い意味でも連動させてしまう方針のファンド特性のものは、長期下落トレンドであっても、無理矢理ポジションを動かしてしまいます。近年、やはりアクティブファンドは勝てないという風潮が全面に出てきているせいか、インデックスファンドが大きく取り上げられる傾向が続いていますが、インデックスファンドであると、最近ニュースで話題になったオリンパスといった企業にも強制的に投資することになります。(オリンパスそのものについて批判してるわけではありません。)

その他はおおよそ個別株と同じものとなります。売却益、そして分配金は個別株の配当のようなものでもあります。
あとは投資家自身が、インデックスファンドのようなパッシブ投資、個別株を追及するアクティブ投資、不動産系のREIT型等、様々な方針のファンドがありますので、それぞれの求めるスタイルに応じて選ぶことになります。

投資入門者だけでなく、投資経験者にとっても投資信託という一つのツールを使って、投資家の理想のPFを作ることも可能であるといえます。


















inserted by FC2 system