投資初心者の方の入門として、株式投資の魅力とリスク、証券口座の開設の方法等から特徴までといった内容から、投資に幅を広めるためにも様々な投資ジャンルのナビ係としてのコンテンツ拡充を目指していきたいと思います。ぜひ投資を始めるにあたっての入門係として役立てればと思います。
投資入門ナビ 証券口座比較
株式投資を始める前に
株式投資のメリット
株式投資のリスク
証券口座を作る前に
証券口座を作る

以下、証券口座の比較です。



投資入門者へのおススメとしては業界最大手クラスのSBI証券で、手数料体系も最安値クラス。投資入門者にとって大切な使いやすさや、金融商品の幅、日本株に米国株、中国株、韓国株、ベトナム株、そしてロシア株まで最近インターネット取引(今まではベトナムとロシアは電話取引のみ)できるようになりました。


管理人としては、投資入門者にはSBI証券を初めに開設し、そこである程度慣れてから必要であれば他証券(野村や大和等)、海外証券口座等にも開設していけばいいと思いますが、もう入門者から経験者まで、SBI証券で十分といっていいくらいの資産運用に幅を利かせられる規模になっていると思います。

あとは人それぞれですが、口座間で目的別に分け、資産運用系、トレード系、優待投資等と分けておいて、資産運用系の口座の評価計算をし易くするといった使い方もいいと思います。

以下、簡易的ですが手数料体系と簡単な特徴比較となります。





投資入門ナビ トップページへ


証券会社名 10万 50万 100万 200万 1000万 特徴
145円 358円 639円 1209円 1209円 手数料最安値水準。ネット証券最大手。顧客満足度6年連続総合1位
145円 358円 639円 1209円 1209円 手数料最安値水準。投資信託取扱本数多い。業界最大手クラス。
マネックス証券 105円 472円 1050円 2100円 10500円 サイトの使いやすさランキング1位受賞。資産運用ツールでは超有名。
カブドットコム証券 500円 1050円 1050円 1890円 1890円 三菱UFJ系列だけにサービス面良し。注文方法も多彩。
松井証券 0円 525円 1050円 2100円 10500円 少額での取引手数料は最安値水準。
inserted by FC2 system