投資初心者の方の入門として、株式投資の魅力とリスク、証券口座の開設の方法等から特徴までといった内容から、投資に幅を広めるためにも様々な投資ジャンルのナビ係としてのコンテンツ拡充を目指していきたいと思います。ぜひ投資を始めるにあたっての入門係として役立てればと思います。
投資入門ナビ 証券口座を作るまえに...
株式投資を始める前に
株式投資のメリット
株式投資のリスク
証券口座を作る前に
証券口座を作る
証券口座比較
株式投資を始める前、証券口座を作る前に、本当にリスクを取る準備ができているかどうかは確認しておいた方がいいと思われます。
信用取引さえしなければ、倒産リスク意外で資産がゼロになることは稀ですが、大切なお金ですので値下がりリスクを受け入れることができるかどうかだけは理解しておいた方がいいと思われます。
そして今までのマーケット全体がどういった歴史をたどってきたか、株式投資の世界に入ってもいいかどうか、心構えだけは必ずしておいた方がいいと思います。

以下、今までの株式市場の歴史等を要約され、それでも投資家の道に入りたいというのならばどういった資産運用を行うと無難かという所まで書かれている、投資家のための名書を紹介させていただきます。



この本、そして世界最高の投資家とも言われるウォーレンバフェットですら、曖昧に個別株投資をするよりも、インデックス投資の方が大方の投資家にとってはいい方法だと述べているようです。

テクニカル分析で食っていける投機家はどれだけの割合か?
ファンダメンタル分析で運用するとなるとどういった知識が必要か?

そういったことに自信が持てないなら、今までの歴史から経済活動は拡大を重ねるということで、株式市場が生涯を通じた目でみると拡大していくというところに投資する方がいいのではないかという考えです。
証券会社が扱っている金融商品に、個別企業株だけではなく、インデックス型ETFというものがあります。
(インデックスETFについても若干記述あります)
これは東証上場企業や米国上場企業全てを指数化したものであり、個々の活動停滞リスクを全体としてまとめることにより、リスクを下げようというものでもあります。一つのバスケットに大量の卵を入れておくなということに似ています。
ただ、その分ローリスクということになりますので、リターンも限られてきます。

もう一度、本当に株式投資をするにはよく考えておいた方がいいと思います。
するならば無くしてもいいと思えるお金で。それでも株式投資に踏み切る時は、決して「無くしていい」とは思わないで行動することが基本であることを心にとめておいた方がいいと思います。


投資入門ナビ トップページへ
inserted by FC2 system