投資初心者の方の入門として、株式投資の魅力とリスク、証券口座の開設の方法等から特徴までといった内容から、投資に幅を広めるためにも様々な投資ジャンルのナビ係としてのコンテンツ拡充を目指していきたいと思います。ぜひ投資を始めるにあたっての入門係として役立てればと思います。
投資入門ナビ 株式投資のメリット
株式投資を始める前に
株式投資のメリット
株式投資のリスク
証券口座を作る前に
証券口座を作る
証券口座比較
では、なぜ株式投資を始めるのかというと、株式投資にはリスクが存在するものの、それに応じたリターンがあるからです。世の中はノーリスクノーリターン、ローリスクローリターン、ハイリスクハイリターン等のように、決してリターンはノーリスクでは得られません。

銀行預金が限りなくローリスクローリターンな金融商品であり、銀行預金と比較すると株式投資はもう少しリスクがあり、その分リターンもある。ということになります。
(ただ、一つ重要なことがあり、そのリスクはおおよそ把握さえしていれば、人によって下げることが可能であります。)


さて、株式投資のメリットですが、大きく分けると...

:売却益(キャピタルゲイン:値上がりによるリターン)
:配当(インカムゲイン:年間・半期等に実施される配当)
:株主優待(企業独自の製品や、ギフトカード等の粗品等の贈呈)

があります。
その他に色々と勉強になり、社会人としてのスキルが増すといった意見もあったりしますが、直接的なリターンというと上記の3つになるのではないでしょうか。

リターンの大きさでいうと、やはり一番はキャピタルゲインとなるでしょうし、企業が健全に生存している限りは安定的な配当が得られます。例えば食品業でしたらその企業独自のオリジナル製品が送られてくることもありますし、このように株式投資のリターンはやはり楽しく、嬉しいものであります。
爆発的な成長もない半面、絶対的な業界地位を持ちながら健全に活動している企業等でしたら、銀行預金をはるかに超える利率(配当利回り)で配当金を毎年受け取ることにもなります。(実際、配当を出すということは、企業が事業活動に再投資するよりも配当に回した方が事業の成長率も低いと想定できる等のことで株主が得をすると判断されているということでもあります。。)

投資入門者にとっていきなり成長株を狙いに発掘するといったことは通用するかどうかは分かりませんが、一つの方法として大型安定株はリスクリターンの関係から手段の一つとなりうるかもしれません。投資方法・投資ターゲットは様々であり、どれがいいとか、投資入門者にとって、投資のプロにとって等、そういう問題ではありません。とういう投資対象を見つけるのが得意で、どういったリスクを把握できるかどうか等、一つの一貫したシナリオを組み立てることができるかどうかというのが重要であると思います。


その他、投資の世界に入門してみることによって、結果はともかく企業活動において株主目線・利益最重視目線・考え方が身に付き、利益に繋がらない無駄なこと等に目がいくようにもなり、それが実際にサラリーマンとしての仕事効率の向上にも繋がるといったことにもなるのではないかと思われます。


投資入門ナビ トップページへ
inserted by FC2 system