投資初心者の方の入門として、株式投資の魅力とリスク、証券口座の開設の方法等から特徴までといった内容から、投資に幅を広めるためにも様々な投資ジャンルのナビ係としてのコンテンツ拡充を目指していきたいと思います。ぜひ投資を始めるにあたっての入門係として役立てればと思います。
投資入門ナビ 証券口座を作る〜:証券口座と手数料・維持費について
株式投資を始める前に
株式投資のメリット
株式投資のリスク
証券口座を作る前に
証券口座を作る
証券口座比較
銀行預金に銀行口座が必要なのと同様に、投資入門者にとって証券口座の開設が必要となります。
今までのリアル店舗型では実際に証券会社へ出向いて口座を開設しなければならなかったのですが、ここ数年で爆発的にネット証券が普及してきまして、かつての最大クラスの証券会社である野村証券や大和証券もネット口座があったりと、投資の世界に入門するにあたって必須となる証券口座開設の手続きが簡単になってきました。
(とはいうものの、手数料等ではネット証券会社の方が大抵優位。)

さて、基本的には売買にかかる手数料と、口座維持にかかる手数料があります。

そしてネット証券の場合、たいてい口座維持手数料は無料であり、売買手数料のみとなります。そしてそのネット証券の売買手数料ですが、これまたリアル店舗から出来た従来の証券会社と比べても格段に安いケースが多いです。
ネット証券最大手のSBI証券なんかは名実ともに徐々にかつての証券会社の地位を揺るがそうとしている証券会社ではないでしょうか。売買手数料は業界最低水準、維持手数料はもちろん無しです。

手数料体系はたいていの場合、定額コースか売買の度ににかかるコースに大別されます。
一日に何度も取引するトレーダーなんかは定額コース、じっくり長期でという方は売買の度にかかるコースに一般的には設定します。
以下、今よく3大ネット証券と言われる証券会社です。

楽天証券
:マネックス証券

SBI証券と楽天証券は手数料競争でよく張りあったりしていましたが、今は逆に手数料競争に限界が生じたのか、サービス面での違いが出てきました。
外国株の取扱が多いという面でも、投資入門者にとってSBI証券がベストではないか、と<投資入門ナビ管理人>は思います。

証券口座比較へ
投資入門ナビ トップページへ
inserted by FC2 system