投資初心者の方の入門として、株式投資の魅力とリスク、証券口座の開設の方法等から特徴までといった内容から、投資に幅を広めるためにも様々な投資ジャンルのナビ係としてのコンテンツ拡充を目指していきたいと思います。ぜひ投資を始めるにあたっての入門係として役立てればと思います。




投資入門ナビ セゾン投信について

投資入門ナビ

株式投資入門編
株式投資を始めるまえに
株式投資のメリット
株式投資のリスク
証券口座を作る前に
証券口座を作る
証券口座比較
株式投資までの待機資金の活用
株式投資:テクニカル分析編
株式投資:ファンダメンタル分析編
株式投資に関わる税金



ETF投資入門編
ETF投資とは
ETF投資のリスク
ETFの投資対象


FX投資入門編
FX投資とは
FX投資のリスク
FX投資と外貨預金
FX投資口座比較

投資関連コラム編
ウォーレンバフェットに学ぶ
株価に対してよくある誤解
インデックス投資について
長期投資か短期投資か


セゾン投信は、ひふみ投信と同様、長期投資を前提とし、ひふみ投信よりも株式比率を減らした、全世界国債等のETFを用いたファンドオブファンズ方式での投資信託です。

セゾン投信には2種類のファンドがあり、株式・債券を世界レベルで分散投資できるインデックス型のファンドと、米国・日本・エマージング国のファンドを組み合わせてアクティブ運用を取り入れたアクティブ型のファンドがあります。

管理人としてはあまりセゾン資産形成の達人ファンドは投資をするまでに至らないであろうと思いますが、純資産額が増え続け、背景としてはこの不況の時こそ買っておいて将来花を咲かせるという戦略が取れるものだと思います。同じような志の長期投資ファンドであるさわかみファンドがポートフォリオに入っていたりとユニークなものでもあるのですが…、どうも個人的にはアクティブファンドのファンドオブファンズは好きではありません。。


一方、管理人もひふみ投信と同様に気になっているセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは世界全体をインデックスETF等を用いて、それも株式・債券にまで分散投資できる非常に長期的で積み立てに有利なファンドであると思います。
面白いと思うのは、日本への投資比率が株式では10%未満であるところ。実際に株式市場をみてみると世界各国が上昇を始めても、日本株はあまり上がっていないという状況が様々な背景(政治・経済システム等)を表しており、その点をしっかりとポートフォリオに反映しているという面で、すごくいいファンドなのではないかと思います。


投資信託で資産の一部を運用する場合、長期投資でアクティブ運用はひふみ投信、インデックス運用はセゾン投信のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドという方法がいいのではないかと思います。


ファンドオブファンズであるが故に信託報酬が高くなると思いきや、1%を下回っている等とコスト面も優位でありますし、十分に投資対象として考慮に入れられる素晴らしいファンドであると考えます。

セゾン投信株式会社





投資入門ナビ トップページへ


inserted by FC2 system