投資初心者の方の入門として、株式投資の魅力とリスク、証券口座の開設の方法等から特徴までといった内容から、投資に幅を広めるためにも様々な投資ジャンルのナビ係としてのコンテンツ拡充を目指していきたいと思います。ぜひ投資を始めるにあたっての入門係として役立てればと思います。




投資入門ナビ 理想的な投資判断

投資入門ナビ

株式投資入門編
株式投資を始めるまえに
株式投資のメリット
株式投資のリスク
証券口座を作る前に
証券口座を作る
証券口座比較
株式投資までの待機資金の活用
株式投資:テクニカル分析編
株式投資:ファンダメンタル分析編
株式投資に関わる税金



ETF投資入門編
ETF投資とは
ETF投資のリスク
ETFの投資対象


FX投資入門編
FX投資とは
FX投資のリスク
FX投資と外貨預金
FX投資口座比較

投資関連コラム編
ウォーレンバフェットに学ぶ
株価に対してよくある誤解
インデックス投資について
長期投資か短期投資か


投資判断において、理想的な、なおかつ永久的に使える投資法・投資判断というものは存在するのでしょうか。
テクニカル分析はおそらく時とともに変わっていくでしょうから<投資入門ナビ>管理人的にはもうほとんど使っていませんし、プロ並みのテクニカル分析法・相場観なんていうのも持ち合わせていませんでした。

やはり未だに超絶的なリターンを出しているウォーレン・バフェットではないかと思います。
ウォーレン・バフェット曰く、投資判断をどうすればいいかについて聞かれた時、「すでに自身の書籍で重要なものは述べられている」と同時に、「しかしそれを実行している者は何故か少ない」と言ったと言われています。
バフェットがベンジャミン・グレアムの投資法についても同様に述べ、これだけ簡単で莫大なリターンをあげることができるのに、何故か難しい投資法へと走ってしまうというようなことを言っていたとのことです。
ではバフェットの投資法とは何なのか。

割安株?ともいえるものの、しっかりした企業を並の価格で買う方がよいともいっていますので、あまり現時点で割安であるかというのは重要なものでもないのかもしれません。将来価値からして割安であるということは重要であるとは思いますが。

永続性・独占性・成長性
コカコーラ等のような企業のことかもしれません。
おそらく今後何十年と、コカコーラの牙城を崩せる企業が出てくるとは思えませんし、同じものを作ることはできません。
原材料価格が上がったとしても、その値上げを消費者は受け入れるしかなさそうです。逆に、低価格競争に入るしかないといった企業、例えば最近でいうとテレビ事業等は凄まじく熾烈で、日本の巨大企業ですら競争に敗れてしまいます。
そして企業が活躍するフィールドを確立出来る所があり、また確立し易いサービスを持った企業というのは、成長し易いといえるのではないかと思います。


<投資入門ナビ>管理人は上記の全てを完璧にとはいわずも、少し該当し、かつ株主に利益を回せる実績をあげている企業に投資を行うように日々、ポートフォリオの改善に取り組んでいます。いつかバフェットのようになりたいとも思いますが、実際問題まだまだでありそうです。。






投資入門ナビ
inserted by FC2 system