投資初心者の方の入門として、株式投資の魅力とリスク、証券口座の開設の方法等から特徴までといった内容から、投資に幅を広めるためにも様々な投資ジャンルのナビ係としてのコンテンツ拡充を目指していきたいと思います。ぜひ投資を始めるにあたっての入門係として役立てればと思います。




投資入門ナビ 社債投資入門

投資入門ナビ

株式投資入門編
株式投資を始めるまえに
株式投資のメリット
株式投資のリスク
証券口座を作る前に
証券口座を作る
証券口座比較
株式投資までの待機資金の活用
株式投資:テクニカル分析編
株式投資:ファンダメンタル分析編
株式投資に関わる税金



ETF投資入門編
ETF投資とは
ETF投資のリスク
ETFの投資対象


FX投資入門編
FX投資とは
FX投資のリスク
FX投資と外貨預金
FX投資口座比較

投資関連コラム編
ウォーレンバフェットに学ぶ
株価に対してよくある誤解
インデックス投資について
長期投資か短期投資か


投資入門において、リスクの少ない投資商品の一つとして、国債に加えて社債があります。
社債は会社が発行する債券であり、社債発行により会社側は資金調達、投資家側は社債により通常、定期預金以上の利率で投資を行えるようになります。

国債と同じような仕組みで、額面、利率、期間が決められており、普通に何もなく期間が終了すれば、一定利率に応じて利子を受け取り、元本が返ってきます。
リスク資産としては社債>株式であり、万が一会社が倒産した場合でも、株主よりは返ってくる可能性があります。

よって、社債の利回りというものは、一般的には銀行預金よりも大きくなります。
銀行預金よりも魅力がなければ買ってもらえません。それぞれリスクの度合いに応じた金利等の条件付けがなされます。



仕組みとしては以上のような、国債のような仕組みで概要は掴みやすいと思います。
しかし、この社債投資は魅力的でしょうか。ましてこのマーケット環境でそう思えるかというと、<投資入門ナビ>管理人的にはそうはあまり思いません。

割安であると見ている株がたくさんありますし、社債を持ってしまうと利益がおおよそ確定しまうものの少額であり、その分の機会費用を失うことになります。(かといって確かに株式投資で完璧な銘柄選択ができるわけではありませんが)
SBI証券の個人向け社債で発行されるSBI債は抽選ですぐに申し込みが満員になるくらい人気のあるものですが、それでも年率1.数%しかありません。このマーケット環境でそのリターンをポートフォリオの一部で確定させるというのもいいかとは思いますが、自分が割安だと判断した銘柄で、その利率を超える可能性は存分にあるのではないかと判断しているからです。

しかし、社債を中途換金していまうと元本そのままで売れることなんてあまりありませんのでそのあたりもよく考える必要がありますが、ポートフォリオの一部の利益をほぼ確定できるということから、社債への投資は今後の見込みをどうもっていくかによっては良い商品であるかとは思います。
inserted by FC2 system