投資初心者の方の入門として、株式投資の魅力とリスク、証券口座の開設の方法等から特徴までといった内容から、投資に幅を広めるためにも様々な投資ジャンルのナビ係としてのコンテンツ拡充を目指していきたいと思います。ぜひ投資を始めるにあたっての入門係として役立てればと思います。




投資入門ナビ 海外証券口座について

投資入門ナビ

株式投資入門編
株式投資を始めるまえに
株式投資のメリット
株式投資のリスク
証券口座を作る前に
証券口座を作る
証券口座比較
株式投資までの待機資金の活用
株式投資:テクニカル分析編
株式投資:ファンダメンタル分析編
株式投資に関わる税金



ETF投資入門編
ETF投資とは
ETF投資のリスク
ETFの投資対象


FX投資入門編
FX投資とは
FX投資のリスク
FX投資と外貨預金
FX投資口座比較

投資関連コラム編
ウォーレンバフェットに学ぶ
株価に対してよくある誤解
インデックス投資について
長期投資か短期投資か


日本株から始め、そして海外の、例えば米国株をはじめていくと、少し壁にぶち当たります。
海外証券口座と違い、日本の証券口座での外国株では、取扱銘柄にも限りがありますし、ETFでもかなり限定された種類の銘柄しか取引することができません。

では海外の証券口座はどうなのでしょうか。
メリットとしては..

1)取扱銘柄の種類が多い。
2)売買手数料が安い。


が大きなものではないかと思います。
やはり日本の証券会社であると国内上場の投資は拡充されているのと同様、現地証券会社であれば現地先の投資は普通に行う事ができます。
株式投資だけではなく、投資信託、ETF、ミーチュアルファンド等、それぞれが膨大な種類から選ぶことができます。
もちろん、手数料面ですが、日本の証券会社が取る手数料がなくなるので、その分手数料が安く済みます。


ただ、昨今の外国株の拡充のおかげで、少しずつ海外証券会社の開設は必要無くなってきてるのではないかと思います。主要なETFはもうすでに大半を取り扱っておりますし、米国株についてもだいぶ取扱銘柄が拡充されてきたのではないかと思います。

海外の銀行・証券口座は凍結が日本よりもシビアに行われますし、その対応に言語の壁も立ちはだかります。トラブルが起こった時に、きちんと説明することは可能でしょうか?!
最近、HSBCやその他の海外証券口座で投資を薦めるメディアを以前よりよく見かけましたが、実際に投資家本人が本当に必要かどうかじっくり考えた方がいいと思われます。

    
inserted by FC2 system