投資初心者の方の入門として、株式投資の魅力とリスク、証券口座の開設の方法等から特徴までといった内容から、投資に幅を広めるためにも様々な投資ジャンルのナビ係としてのコンテンツ拡充を目指していきたいと思います。ぜひ投資を始めるにあたっての入門係として役立てればと思います。
FX投資とは
FX投資というものが株式投資が流行して数年後、爆発的に利用されるようになってきました。おそらく株式投資で満足に成果をあげれなかった人等も、FX投資の魅力に注目して入っていく人もおられるかもしれません。

ではFX投資とは何なのでしょうか。
FXとは外国為替証拠金取引(英訳するとForeigneXchange)のことであり、お金を売ってお金を買うorお金を買ってお金を売り、その反対売買をともなって利益を出しにいくことを目的とする取引となります。

FXという前に、単純に為替取引をイメージして例えますと...
米国圏:ドルを使う国へ旅行に行く時に銀行等の外貨両替コーナーで、日本円を出して(売って)ドルを受け取ります。そして旅行から帰ってくるとドルを交換して(売って)円を買っています。
旅行から帰ってきた時に、ドル円相場がドル高方向もしくは円安方向に動いていれば、多少の為替差益が出ます。

1ドル80円計算・旅行後に円安が進み1ドル100円に
1万円で125ドル購入(10000÷80)
・・・
旅行後に(旅行でドル使用無しという設定です)
・・・
ドルを売って12500円(125×100)
差額の2500円が為替差益で得をすることになります。


このケースでは銀行の為替手数料を考慮していないので実際にはありえませんが、単純にFX取引でも、こういった為替変動によって利益獲得を目指すという金融取引になります。
もちろん、このケースでも円高・ドル安が進めば損しますし、実際のFX取引では取引のための保証金が損失分だけ減少してしまいます。


でも為替なんかたいてい1円も動かないし、手持ちの資金じゃ大して稼げないと思われる人もいるかもしれません。
実はこれに対してレバレッジというものが、FX投資においてのメリットでもありリスクでもあります。

普通なら10万円しかなければ10万円分の取引しかできませんが、FX投資ではレバレッジをかけることができ、2倍、5倍、10倍等、レバレッジをかけることができます。
まず、FX投資というと、実際に株等のように現物で取引するわけではなく、FX口座に証拠金というものを入金します。
そして、取引によって利益・損失が発生すると、証拠金が積み増し・減少していく仕組みになります。利益が出て証拠金が上がっている場合はいいのですが、含み損が出ている状態で、レバレッジを考慮した取引維持に必要な保証金を割り込む瞬間に、反対売買が強制されてしまい、損失確定となります。(逆にこれがないと、証拠金がマイナスとなり、FX業者に赤字分を払わないといけなくなり、命綱のような機能でもあるといえるのではないでしょうか)もちろん、損失の何%までくると反対売買等といった設定もできたりするので、損失のコントロールは可能であります。

たった10万円でレバレッジ10倍とすると100万円まで取引でき、10万円程度でも1万ドル(80円換算で800000円)を動かし、1円の為替差益で1万円の利益を狙えるというというものが、FXの最大の魅力であります。

投資入門ナビ トップページへ
inserted by FC2 system