投資初心者の方の入門として、株式投資の魅力とリスク、証券口座の開設の方法等から特徴までといった内容から、投資に幅を広めるためにも様々な投資ジャンルのナビ係としてのコンテンツ拡充を目指していきたいと思います。ぜひ投資を始めるにあたっての入門係として役立てればと思います。




ETFの投資対象
:ETF投資入門

ETF投資とは
ETFの投資対象
ETF投資のリスク




ETF投資のメリットとして、様々な投資対象をバスケットにしたETFをポートフォリオに組み入れることができることではないかと思います。

以下、簡単にこれだけの投資対象があります。



株式ETF
国別ETF…アメリカ、日本、新興国の国別ETF等、その国々のマーケット指数
地域ETF…ヨーロッパ、ラテンアメリカ、アジア等のいくつかの国をまとめてグループに見立て、一つの市場があると想定したもの。
グローバルETF…字のとおり、グローバルに世界中をまとめたもの。これも一つのETFの特徴です。
その他、中小小型株ETF・大型株ETFや、成長株ETFや割安株ETF、セクター別ETFや高配当ETFなんていうものもあります。


債券ETF
国別債券ETF…米国債の短期・中期・長期等の期間別債券ETFや、新興国債券等
社債型ETF…米国等の社債をまとめたETF。投資適格社債等。
不動産ETF…多数のREITをまとめたポートフォリオを持つETF


商品型ETF
金・銀ETF…金や銀価格に連動します。投資対象が限られるため、金や銀価格バブル時に重宝されます。
その他、原油ETF、とうもろこし指数ETF等もあります。只、金・貴金属ETF以外は現物を所有することができないため、先物等で指数に連動するような仕組みになっています。

一つ商品投資を行うにあたってですが、原則的に商品ETFは配当・利息はありません
バフェットが金バブル時に、金投資はしないのかと聞かれた際に、「金を買ってもせいぜい上に乗っかってなでるくらいしかできない」と言ったとかいう話もあります。




この様に、ETFは様々な投資対象に誰でもポートフォリオに組み入れるようにできるような便利な商品であるため、年金運用等に活用される実はかなり重宝できる商品であります。

個別株のリスクを受け入れることができなくて個別株投資を諦めた方などで、それでも運用についての必要性を感じる場合等は、少額、5%くらいでも様々なETFを組み合わせて再投資を続けていってみるのもいいのではないかと思います。



投資入門ナビ トップページへ
inserted by FC2 system