投資初心者の方の入門として、株式投資の魅力とリスク、証券口座の開設の方法等から特徴までといった内容から、投資に幅を広めるためにも様々な投資ジャンルのナビ係としてのコンテンツ拡充を目指していきたいと思います。ぜひ投資を始めるにあたっての入門係として役立てればと思います。


株価に対してよくある誤解
:株式投資関連コラム

ウォーレンバフェットに学ぶ
長期投資か短期投資か
株価に対してよくある誤解
インデックス投資について

株式投資をとりあえずなんだかよく分からないけどやっている方、「株」という概念の捉え方を高低でしている人等に非常によくある誤解であるので、気を付けておかないといけないことがあります。
もちろん、普通に株式投資をするにあたって株価と株式価値について少しでも知ることになると一気に解ける誤解なのですが....

よく一般的に会社や居酒屋等で...
@「あの(競合他社の)会社の株価は数万円もする。わが社とは比べ物にならない。」
A「○○の銀行は今や○○○円。数年前は○万円もしたのに比べて凄く安くなった!」

というようなことを耳にすることがあります。
確かに、株価は価値に対して高ければ高いほど利益がでるようにはなっています。
しかし、株価そのものだけを考えると全く意味がありません。

例えば@に関して言えば、その会社の発行済み株式数がまずポイントとなります。
1万株発行している会社の株価100円と、100万株発行している会社の株価100円の価値はおそらく同じではありません。そして、1万株発行している会社の利益と、100万株発行している会社の利益はどうで、ここから1株当たりの利益がいくらであるかというのが最大のポイントとなります。
この1株当たりの利益(とその動向)が株式投資における株の価値の最大のポイントであります。

逆に言うと、時価総額(株価×発行済み株式数)に対していくらの利益を出しているか、というのが投資検討他社と対比する時にザクっと捉える部分になります。


Aの場合でいうと、株式分割というものが考えられます。
これも簡単にいうと一株当たりの利益、時価総額で考えると同じであり、安くなったかどうかは株価だけでは分かりません。
売買単位が1株で1万円した企業が、売買単位を100株にする変更と同時に、1対100の株式分割を実施したとします。すると株価は100円になり、発行済み株式数が100倍するものの、株価は1/100になるので、結局のところ時価総額も一株当たりの利益にも全く変わりはません。なのに見かけ上、株価は100倍になります。これを事情を知らなかった人がパッと株価だけを見て見誤ることになります。



結局のところ、株価そのものには大して意味はないということになります。(上場市場によっては維持条件に最低株価が決められているところもあります。)



投資入門ナビ トップページへ
inserted by FC2 system