投資初心者の方の入門として、株式投資の魅力とリスク、証券口座の開設の方法等から特徴までといった内容から、投資に幅を広めるためにも様々な投資ジャンルのナビ係としてのコンテンツ拡充を目指していきたいと思います。ぜひ投資を始めるにあたっての入門係として役立てればと思います。




株式投資までの待機資金の活用
株式投資までの待機資金の活用
株式投資:テクニカル分析編
株式投資:ファンダメンタル分析編
株式投資に関わる税金
株式投資を始めるにあたって、おそらく証券会社からMRFというものの申し込み承諾を言われることになると思いますが、これが実は結構美味しいものだったりします。(証券会社によっては自動のものもあり)

MRFとは、マネー・リザーブ・ファンド略で、相当リスクを減らした短期公社債等で運用する証券口座専用のものであり、投資信託の一部なのですが、買付申し込み・解約は自動でやってもらえますので、いざ株式投資で売買する時に解約してからといったようなズレもほぼありません。
証券口座に入金した余裕資金を、銀行預金のような形でリターンはほぼ銀行預金に近い形ですが、ローリスクで運用してくれるものです。利回りはもちろん、銀行預金と大して変わりませんが、それでもおおよそ銀行預金よりは高くなっています。
元本保証は一応ありませんが、自分の経験上、保有口座で下回ったことはかつてありませんでした。月末にわずかですが、利回り分が入金されてきます。(再投資という形ですが)


:1円単位で自動的に入出金されます。
:申込・解約手数料などは不要です。
:運用対象は国債、地方債、公社債などの安定商品で元本確保が最優先ファンド。
:建前上、元本保証はないが、運用先が元本保証されている商品ばかりで、元本の安全性は極めて高く、過去に元本割れしたことはありません。
:普通預金に預けるよりも、若干高めの利息。
:毎日決算、毎日分配で分配金累積分を月末最終営業日に再投資。



今でこそSBI証券がMRFを廃止してSBIネット銀行に誘導⇒SBIネット銀行でハイブリッド預金というMRFよりもまた若干上回る利回りが得られるような仕組みが出てきましたが、楽天証券やマネックス証券ではMRFが待機資金に適用されます。
もちろん証券口座のキャッシュカードも申し込めば発行されますので、銀行預金口座のように証券口座を使うことも可能です。全く株式投資をせず、MRFのみの口座という使い方をする人もいるそうです。


投資入門ナビ トップページへ
inserted by FC2 system